さんまのから揚げきのこあんかけ

スポンサーリンク

さんまのから揚げきのこあんかけ

さんまのから揚げきのこあんかけ

料理名 さんまのから揚げきのこあんかけ
番組名 おかずのクッキング
料理人 笠原将弘
放送局 テレビ朝日
放送日 2015年10月17日(土)

 

秋の味覚三昧

「秋の味 さんまときのこ よくあうよ」by笠原ということで、賛否両論の笠原将弘さんが、「さんまのから揚げきのこあんかけ」を作っておすすめです。香ばしく揚げたさんまに、熱々のきのこあんをかけます。秋の味覚三昧の一品。きのこは数種類使うと相乗効果で美味しくなります。

スポンサーリンク

さんまのから揚げきのこあんかけの材料(2人分)

 

さんま 2尾
椎茸 4枚
しめじ 1パック
えのきだけ 1パック
万能ネギ(小口切り) 3本分
片栗粉 大さじ1
大さじ2
片栗粉 適量
揚げ油 適量
<下味>
醤油、みりん 各大さじ1
生姜のすりおろし 小さじ1/2
<煮汁>
だし汁 300ml
醤油、みりん 各大さじ1と1/2
だし
昆布 10g
削り節 30g
1L

 

 

さんまのから揚げきのこあんかけの作り方

●だしをとる。鍋に水(1L )、昆布(10g)、削り節(30g)を入れて中火にかける。煮立ったら弱火にし、5分ほどことこと煮る。ボウルにざるをのせ、ペーパータオル、その上に別のざるを重ね、だし汁を注いでこす。残った削り節を上から押して絞る。

1.椎茸(4枚)、しめじ(1パック)、えのきだけ(1パック)はパックから取り出し、しばらく空気にあてておく。

※パックから出し水分を飛ばすと味がしっかりする。香りもよくなる。

さんまのから揚げきのこあんかけ2.さんま(2尾)はきれいに洗って水気を拭き、頭と尾を切り落とし、内臓を引き抜く。皮に細かく切り目を入れて5つの筒切りにし、醤油、みりん(各大1)、生姜のすりおろし(小1/2)をもみ込んで10分ほどおく。

汁気をきって片栗粉(適量)をまぶし、170℃の揚げ油(適量)で3~4分揚げる。バットに上げ、油をきる。

※すぐに触らず泡の量が半分ほどになったら返す

さんまのから揚げきのこあんかけ3.椎茸は軸を除き、薄切りにする。しめじ、えのきだけは石づきを除いてほぐす。鍋にだし汁(300ml)、醤油、みりん(各大1と1/2)ときのこを入れて火にかけ、煮立ったら中火で2分ほど煮る。片栗粉(大1)を水(大2)で溶いた水溶き片栗粉でとろみをつける。

さんまのから揚げきのこあんかけ4.2を器に盛り、3をかけて万能ネギ(小口切り) 3本分を散らして、さんまのから揚げきのこあんかけの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ