さといもの煮ころがし

スポンサーリンク

さといもの煮ころがし

料理名 さといもの煮ころがし
番組名 おかずのクッキング
料理人 土井善晴
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年10月1日(土)

 

実は作りやすい!

おかずのクッキングでは、土井善晴さんが、里芋を使った料理2品を紹介していました。ここでは、「さといもの煮ころがし」の作り方になります。丸いままの姿をいかして、とろりとした煮汁を絡めていただきます。

スポンサーリンク

さといもの煮ころがしの材料(2人分)

 

さといも 8個(500g)
サラダ油 大さじ1
2カップ
1/2カップ
砂糖 大さじ2
醤油 大さじ2

 

 

さといもの煮ころがしの作り方

●下ごしらえ。さといも(8個(500g))は粗いスポンジでしっかりこすって皮をむき(または、包丁でこそげ)、生り口(根つき)を切り落とします。

-

1.鍋にサラダ油(大1)を熱し、さといもを炒めて油となじませます。

-

2.水(2カップ)、酒(1/2カップ)、砂糖(大2)を加えて落とし蓋をしてアクを取りながら10分ほど煮ます。

さといもの煮ころがし

-

3.さといもが柔らかく煮えたら醤油(大2)を回し入れ、さらに20分ほど煮ます。

-

4.煮汁が少なくなれば強火で煮つめ、さといもに煮汁を絡めます。

-

5.器に盛り、さといもの煮ころがしの完成。

さといもの煮ころがし


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ