きつね丼

スポンサーリンク

きつね丼

きつね丼

料理名 きつね丼
番組名 おかずのクッキング
料理人 土井善晴
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年5月21日(土)

 

卵ふんわり!絶品どんぶりだし

おかずのクッキングでは土井善晴さんが、「きつね丼」の作り方を紹介。親子丼の鶏肉の代わりにキツネの好物、油揚げを使ったどんぶりレシピ。じゅわっとだしが染み出した油揚げが美味しい!ふんわり卵でとじたお手軽「きつね丼」です。

スポンサーリンク

きつね丼の材料(1人分)

 

どんぶりだし 60cc
1個
ごはん 1杯分
油揚げ 1枚
干ししいたけ(戻したもの) 1枚
青ねぎ 1/2本
(どんぶりだし)
昆布(8cm角) 1枚
削りがつお 10g
砂糖 大さじ2
醤油 1/4カップ(50ml)
みりん 1/4カップ(50ml)
1カップ(200ml)

 

 

きつね丼の作り方

きつね丼1.どんぶりだしを作る。鍋に昆布(8cm角 1枚)、削りがつお(10g)、砂糖(大2)、醤油(1/4カップ(50ml))、みりん(1/4カップ(50ml))、水(1カップ(200ml))を入れる。弱火で6分間ゆっくり時間をかけて煮立てる。

※弱火でゆっくり時間をかけて煮立てる

2.最後に少し火を強めて、浮いたアクを除き布巾でこし固く絞りきる。

※保存容器に入れ冷蔵庫で4~5日保存可能。

3.油揚げ(1枚)は短冊切りに、干ししいたけ(戻したもの 1枚)は軸を取り薄切りに、青ねぎ(1/2本)は斜め切りに、卵(1個)は溶きほぐす。

きつね丼4.小さめのフライパンにどんぶりだし(60cc)と油揚げ、干ししいたけ、青ねぎを入れて中火にかけ、火が通れば溶き卵を注ぐ。

煮立てばごく弱火にし、蓋をして3分ほど蒸らす。

きつね丼5.どんぶりにごはん(1杯分)を盛り4をのせて、きつね丼の完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ