いなりずし

スポンサーリンク

いなりずし

いなりずし

料理名 いなりずし
番組名 おかずのクッキング
料理人 土井善晴
放送局 テレビ朝日
放送日 2017年10月7日(土)

 

やわらかい油揚げの炊いたんで「いなりずし」

おかずのクッキングでは、土井善晴さんが「油揚げの炊いたん」とすし飯を合わせた「いなりずし」の作り方を紹介しました。の作り方を紹介しました。ふんわりとやわらかく炊き上げます。最初の下茹で油を落とすところがポイント!

スポンサーリンク

いなりずしの材料(2人分)

 

すし揚げ(正方形で小さい油揚げ) 12枚(関東風なら6枚)
二番だし 2カップ
砂糖 大さじ6
醤油 大さじ3
二番だし(できあがり1/2カップ)
5カップ
昆布(10cm長さ) 1枚
削りがつお 20g
油揚げの炊いたん 12枚
すし飯
2カップ
洗い米の分量の1割引き
合わせ酢
米酢 1/3カップ
砂糖 大さじ3
大さじ2/3
白炒りごま(または麻の実) 大さじ1

 

 

いなりずしの作り方

1.二番だしをつくる。鍋に水(5カップ)、昆布(10cm長さ 1枚)、削りがつお(20g)を入れて中火にかけ、煮立ったら火を弱めて1~2分煮たあと、布巾などで濾します。

-

2.油揚げの炊いたんをつくる。鍋に湯を沸かし、すし揚げ(正方形で小さい油揚げ) 12枚(関東風なら6枚)を入れ、落とし蓋をして10分ほど茹でます。落とし蓋で油揚げを押さえ、湯をきります。

-

3.油揚げの形を整えて鍋に並べ、1の二番だし(2カップ)、砂糖(大6)を入れて落とし蓋をして6~8分中火で煮ます。

醤油(大3)を加えて落とし蓋をし、煮汁がほとんどなくなるまで弱火で30分ほどゆっくりと煮ます。

いなりずし

-

4.煮汁の煮つめ加減を見て火を止め、そのまま冷まして味を含ませます。油揚げの炊いたんの完成。

いなりずし

-

5.すし飯をつくる。洗い米(2カップ)に対して、1割ほど水加減を少なくして、かためのご飯を炊きます。

小鍋に合わせ酢の米酢( 1/3カップ)、塩(大2/3)を入れて火にかけ、混ぜながら砂糖(大3)を溶かします。

ご飯が炊きあがったら、飯台にあけて、合わせ酢を回しかけ、切るように広げて混ぜ、風を当てて粗熱をとります。

かたく絞った布巾をかけ、冷めたら白炒りごま(または麻の実 大1)を混ぜます。

いなりずし

-

6.4の油揚げの炊いたん(12枚)は軽く煮汁をきって形を整え、三角に切ってから(関東の油揚げなら半分の四角に)、詰めやすいよう裏返しておきます。油揚げから煮汁が垂れない程度に、再び、ごく軽く絞ります。煮汁はとっておきます。

いなりずし

-

7.すし飯は、ゴルフボール大(1つ30gほど)に小さくまとめます(24個)。6の油揚げにすし飯を入れて、指で押さえて隅まで詰めて、姿を整えます。6で取り置きした煮汁を手につけながら作業すると詰めやすい。

いなりずし

-

8.完成。

いなりずし


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ